一般的に産後抜け毛の場合、治療など必要ないと言われています。しかし、中には、病院での治療が必要な場合も・・・。その為、自分の産後抜け毛が治療が必要なものなのか、そうでないものなのか見極める事が大切です。

産後抜け毛の原因

産後抜け毛の主な原因は、ホルモンバランス乱れにあると言われています。妊娠中、女性ホルモンの分泌が過剰になり、その為、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌も過剰になっています。

このエストロゲンは、髪の成長に大きな影響を与えるホルモンとなっており、過剰分泌される事で妊娠中の女性の髪は、成長期の状態になります。

その後、出産と同時にエストロゲンの分泌が低下する事によって、髪は休止期に入ってしまい、その結果、一気に髪が抜け落ちてしまう事になるのです。これを産後抜け毛と言われるものになります。

産後抜け毛において、治療が必要か不要かの見極め方

一般的に治療を行わなくとも自然に回復すると言われている産後抜け毛。

しかし、人によっては、病院での治療が必要な場合も十分に考えられるのです。その見極めを間違ってしまうと薄毛に悩まされ続ける事になり後悔する事も十分に考えられます。

そんな、病院での治療が必要な産後抜け毛の見分け方としては、期間での見分け方が一般的になっています。

一般的に産後6か月から1年ほどで自然回復する産後抜け毛。その為、1年以上抜け毛が続いた場合は、適切な治療を行う事をお勧めします。

この事から、産後1年程は、さほど、心配せずに産後抜け毛の様子を見ていれば大丈夫かと思います。

病院での治療方法

病院で産後抜け毛の治療を行う場合、基本的には母乳を与えているうちは出来ません。その為、子供が母乳を卒業してからの治療になります。

病院探しを行う際は、出来るだけ女性の薄毛対策に特化している病院を見つける事をお勧めします。薄毛専門の病院の場合、主に男性患者中心での治療が行われています。

その為、あまり、男性中心の治療を行っている病院はお勧めできません。病院の中には、無料カウンセリングを行っている所もある為、不安な場合は、そのような機会を利用するといいかと思います。

その後、本格的な治療に入る場合、基本的には月に1回程度の診察の上で、内服薬、外用薬での治療や注射を使った治療などを行っていく事になります。どの場合も保険適用外になる為、治療費の負担が大きくなると言う事だけは忘れてはいけません。

まとめ

基本的に治療など不要な産後抜け毛が多くなっていますが、中には、本当に治療しないと後悔する人も存在します。その為、あまりにも、産後抜け毛が長引くような場合は、病院での相談、治療がお勧めです。

薄毛治療の場合、早ければ早いほど治療期間を短縮させる事ができるとも言われています。その為、産後抜け毛の場合、病院での治療においては早めの決断が必要になってくると言えると思います。そうすることで、元の生き生きとした髪に生まれ変わる事ができると言えるのです。